髪に良いと言われている成分がいくつか発表され、シャンプーにもどんどん取り入れられています。af9920059239l

 

そのため、一時期に比べて商品価格が上がってきているようです。現在販売されている商品は主に2つの基準で分けられます。シリコンが入っているかどうか、オーガニック系材料を利用しているかです。シリコンについては髪をコーティングするためにいろいろな化学物質が使われていますが頭皮への影響があり、髪にも悪い影響があると言われているため、減少傾向にあります。

 

オーガニック系材料は指定されているオーガニック系素材が一つでも利用されていれば表示して良いことになっています。特にノンシリコン系の商品については髪のコーティングに頭皮にやさしい成分を利用することやオーガニック系成分も配合するなど現在もっとも多く開発されてきている商品の一つです。髪に良いということでは、髪の艶や元気度をいうことが多いようですが、シリコンを利用していなければ髪を痛める成分はほぼ使われなくなっています。艶を出すにはシリコン系が一番出ると言われていましたが、オーガニック系成分でも同様の効果が期待できるためコストの問題はありますが、多くの商品で利用され始めています