美しい髪を維持するために、シャンプーに気を使っている人は多いことでしょう。af9920042558l

 
では、どのような基準で使うものを選んでいますか?
洗浄力やダメージケア、潤い成分など見るべき点は様々あるでしょう。

 
しかし、注意すべき点もまた様々あります。

 
まず、成分表示に「ラウリル硫酸Na」と「ラウレス硫酸Na」と表示されているものは避けた方が良いです。
この二つの成分は合成界面活性剤であり、は洗浄力が強い代わりに刺激と毒性が強いと言われています。
この成分は毒性が強いだけでなく肌の中に浸透し易く、頭皮に悪影響を与える可能性が高いです。
敏感肌や乾燥肌の人は痒みを感じる場合もあります。

 
また、洗浄力が強いこの成分は、頭皮の汚れなどと一緒に必要な油分も洗い流してしまいます。
この二つが表示されたものは避けた方が良いでしょう。

 
では、逆に良いものは何なのか、一般的には「アミノ酸」や「ベタイン」系のものが良いとされています。
髪の汚れは落としても、必要以上に髪の油分などを洗い流さず、髪の栄養となる成分を髪にくっつける効果があります。
髪を洗うと同時に傷んだ髪を修復することが出来るのです。

 
種類豊富でどれを選んでよいか迷うでしょうが、多くの種類があるからこそ自分に合ったもの選ぶ必要があります。